トップページ > タイ出張(小竹 2018年7月)

タイ出張(小竹 2018年7月)

今年2回目のタイ出張です。今回、出張初日からトラブル発生しましたので報告させて

いただきます。私は海外出張37年しておりますが、今回 初めての経験をしました。

 

関空の航空カウンター(CI)にチャックインしようと大手旅行代理店J社発行のE-チケットを提示したら、このE-チケットでは航空券を発券できないと言われ、当初は意味がわかりませんでした。E-チケットの名前が、YOSHIHIRO/KOTAKE とあり、苗字と名前が反対になっており、パスポートの表示の違う為発券できないとのことでした。

 

航空会社の発行のE-チケットならば、其の場で変更して航空券が発行されるが、今回代理店発行のE-チケットではむずかしい。今回の出張は、私の仕事に関連して、新規製品のクレームが発生したので現地でメーカーと合流して取引先にクレーム処理など大事な商談があるので、キャンセルできないので、其の場で高い航空券を購入してタイに行く事にしました経緯でした。

 

タイ滞在中に大手旅行会社J社にメールで問い合わせを数回しましたが、旅行代理店J社から回答は顧客側の入力ミスの為、取り消し料が発生するとのことでした。長い間利用していた会社でしたが今後は国内と海外にも利用しないことにしました。今回のE-チケットのトラブルの件は、タイの仕事仲間に話をすると、「信じられない」とか、ほとんどの人はなにが問題のあるE-チケットなのかがすぐにはわからない事案です。オンライン(ネット)でE-チケットを購入する方は注意願います。私も良い経験をしました。

 

〈タイのホームセンターへ訪問〉

 

今回のタイ出張で、上記のクレーム処理はメーカー2名がタイに来ていただき、ほぼ1日中、取引先に納得してもらうようお話し、一方でメーカーにも日本とタイ市場の製品の評価の違いを理解してもらい、次回の発注時の製品に反映してもらう事ができました。クレームが発生したら、すぐに現場に訪問して処理(話し合い)する事が重要と再認識しました。。上記の航空券のトラブルはありましたが、良い事もあるので きつい仕事ですが頑張る事ができます。

 

今回、タイの新国王の誕生日で2日間休日と聞いていましたが、タイ訪問した際に4日間も休日になる事が判明、仕事のスケジュール変更が発生。6月インドネシア出張した際も

地方選挙の為に急に祝日が設定され、訪問予定の変更が発生しました。

 

タイ市場の景気は、あまり良くないようで当社の取引先の1社は11月展示会に今年は参加しないとのこと。今回は、1社に新規製品の売込みをしているが その製品の感触が良い返事があれば、11月のタイへの出張をするが 前向きは話が無いなければ中止も考えています。

 

最後、タイ滞在中に神棒より 8月20日からラオス出張予定準備のメールをもらいましたが、本当は喜ぶべき事なのでしょうが 6月インドネシア出張 7月タイ出張 8月ラオス出張 と続くと64歳の人間としてはこの毎日の猛暑などから気分やテンションをどう上げ乗り切るか。64歳は、やはり64歳です。